目元のシミが気になるあなたへ!

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

【通常使用】サエルトライアルセット

 

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

シミやシワについて美容のお悩みQ&A

 

化粧中の女性

 

顔にできるシミ&そばかすの原因

 

顔のシミやそばかすは一度できてしまうとなかなか消えません。しかし、できてしまう原因を知っておくことにより、予防や改善に役立てることができるでしょう。

 

シミやそばかすの主な原因は紫外線と言われています。顔は洋服で隠すことができませんし、紫外線による影響を受けやすいと言われています。また、顔の皮膚には色素細胞が多く存在しています。

 

そのためシミの原因となるメラニン色素を多く作り出すということです。メラニン色素というのはもともと有害物資である紫外線が体の奥に届かないようにブロックするという役割があります。

 

体にとっては大切なものなのですが、メラニン色素が沈着することでシミやそばかすの原因になってしまうことがあるのです。

 

また、顔というのは他人とコミュニケーションを取る時に最初に見ることになりますし、悩みを抱えている女性も多いでしょう。

 

年齢を重ねるごとに肌に新陳代謝が悪くなりますし、シミやそばかすができやすくなるということです。ちなみに、目の周囲は刺激に弱いので紫外線に反応しやすいとされています。

 

目を擦る癖のある人や普段から芽をよく使っている人などはシミやそばかすができやすい状況と言えるので注意しましょう。

 

 

シワやシミを増やさない食べ物は何がおすすめ?

 

シワやシミができてしまうと実年齢よりも老けて見えてしまうため、気になってしまうという人も多いでしょう。

 

綺麗な肌を保ちたいという場合、シミやシワを増やさない食べ物を知っておくのがおすすめです。まずはコラーゲンを多く含んでいるすっぽんやフカヒレ、手羽先、牛筋などの食べ物が挙げられます。

 

コラーゲンは水に溶けやすいという性質があるため、手羽先や牛筋などは煮汁も一緒に飲むと良いでしょう。ビタミンCはメラニンの生成を抑制する効果やコラーゲンの合成などに欠かせない成分です。

 

ビタミンCは野菜や果実に多く含まれており、肉などにはほとんど含まれていません。特にレモンや苺、アセロラ、赤ピーマン、パセリ、ブロッコリーなどに豊富に含まれています。

 

ビタミンCは水溶性で時間が経つと体外に排出されてしまうため、一度に摂取するのではなくこまめに補給した方が良いでしょう。

 

また、ビタミンCは喫煙によっても消費されてしまうため、喫煙をしている人は注意が必要です。ビタミンEは強い抗酸化作用がありますし、
メラニンの排出をサポートする効果や新陳代謝を高めるなどの効果があります。美肌にためにビタミンEを摂取したいという場合、アボガドや納豆、ウナギ、かぼちゃ、アーモンドなどを食べると良いでしょう。

 

 

乾燥肌になる原因とは?

 

乾燥肌には生活習慣が深く関わっていますので、慢性的な睡眠不足に陥っていたり食事のバランスが悪い人は注意しなければなりません。

 

寝ている間はもっとも細胞分裂が活発に行われていますので、質の良い睡眠を十分に取ることが健やかな肌を作るために必要であり、食事からきちんと栄養を摂取して肌細胞の働きを活性化させることも重要です。

 

生活習慣が原因だと気付かないと乾燥を防ぐためのスキンケアばかりに目がいってしまい、過度なスキンケアを行うことで更に症状を悪化させてしまうこともあります。

 

肌コンディションを整えるためには外的な要因だけを気をつければ良いのではなく内側からの影響も気にしなければなりませんので、少しのことに左右されないように生活習慣を見直すことが大切です。

 

もちろん外的な刺激によっても乾燥肌は引き起こされますので、紫外線対策やスキンケアの仕方を見直すことも忘れてはいけません。

 

紫外線は直接的な乾燥の要因になりますので、いつでも気を抜かずにしっかりと紫外線対策を行うことが重要です。

 

スキンケアについては洗顔の際に必要な皮脂まで奪ってしまうことが多いので、強過ぎる洗顔剤を使わないようにしてダブル洗顔を止めます。

 

 

敏感肌になる原因とは?

 

肌質は生涯において安定するものではなく、様々な原因によって変化しています。敏感肌になる原因として多いのは、合わないスキンケア用品を使用することがあります。

 

肌質に合わないものを使用したり、洗うときに強く擦ったりしていると肌がボロボロになっていくわけです。皮脂を過剰に除去すると乾燥してしまい、そこから敏感肌を引き起こすこともあります。

 

生まれつきの先天的な問題もありますが、多くは日常生活に原因が潜んでいます。生活バランスを崩してしまう行為はすべて敏感肌につながるので注意してください。

 

乱れた食生活や過度のダイエットによって必要な栄養素が欠乏することで、肌が乾燥してしまうこともあるでしょう。ダイエットでは脂肪を必要量未満まで抑える方が多く、そこから肌乾燥を招くことが多いです。乾燥肌と敏感肌は密接な関係があり、乾燥することで敏感になっていきます。

 

寝不足やストレスはターンオーバーを崩れさせる原因となり、それによって肌バランスを崩すことがあります。

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、少々のダメージにも肌が負けるようになるわけです。以前より肌がカサカサしたりかゆみを感じたりするようなら、早めに対処をしないと敏感肌になる可能性が高いです。